「仮想通貨はこれからだ!」信じてICOに1000万円つぎ込んだ熱血大家のゆくえ

不動産投資×仮想通貨投資のノウハウ、結果をリアルタイムで公開します。

生活保護の人に賃貸する トラブル体験2

「ピンサロって、何するところですか?」

 

僕は、少年のような瞳で、少女に尋ねた。

 

20代とおぼしき少女は、僕に大人の世界の話をしてくれた。

 

僕の耳に、

 

「ピンサロ」

 

という、その響きが耳に残った。

 

何か楽しい、いやらしい言葉初めて知った小学生がその言葉を連発するように

 

僕は、家に帰ってからも

 

「ピンサロ、ピンサロ ♪」

 

と、嫁に連発。

 

嫁は、怪訝な目で僕を見つめていた。

 

小学校でも、6年生の男子から、とにかく卑猥な言葉を浴びせられている嫁。

 

家でも旦那が、アホな小学生6年生のように見えたことだろう。

 

その少女は、隣の市のピンサロに務めていて、さらにそれを市に報告せず、生活保護

 

受給していたのだ。

 

それが、どうもばれたらしい。

 

「どうしてばれたのですか?」

 

知り合いの人が、市にチクったのだという。

 

それで、部屋を出ていくと。

 

大きなデスクトップや洋服やゲームが散乱しているその部屋は、確かに

 

生活保護のお金だけで買えるものではないだろう。

 

その部屋からは、煙草のにおいがした。

 

そして、1年ほどしか住んでいない彼女に、僕は、契約に基づき多額のクロス代を請求せねばならないのであった。

 

 

 

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で