「仮想通貨はこれからだ!」信じてICOに1000万円つぎ込んだ熱血大家のゆくえ

不動産投資×仮想通貨投資のノウハウ、結果をリアルタイムで公開します。

新築アパートの工事 コロニアル グラッサ 屋根工事

今日は、屋根のコロニアルグラッサの黒 遮熱タイプではないやつを屋根屋さんが来て

してくれてました。

 

f:id:sikokuchuuou:20180810073855j:plain

f:id:sikokuchuuou:20180810073902j:plain

初めに、屋根の材料を上げて、もう一人はその間に、下でコロニアルをカットしてました。

f:id:sikokuchuuou:20180810081729j:plain

 

寸法を測っていたんでしょうね。

 

それから、横の水切り?を仕上げて、

 

f:id:sikokuchuuou:20180810073845j:plain

屋根をひたすら釘打ちで、打っていきます。

1つにつき4か所。

 

下にいるとかなりうるさいです。

 

そして、釘が、若干屋根の合板突き抜けてました。

 

エアー式の釘打ちだと強すぎるので、手打ちなのかなと思いました。

 

屋根も散々サンプル取り寄せて、ケーミューから、悩んで決めました。

 

正直次回は、こうしようというアイディアも浮かびました。

 

屋根でいかに、熱を反射するかは、大事だなと思います。

 

黒、茶の屋根多いと思いますが、本当は、白とかの方が光を反射するので、

 

部屋上の温度上がりません。

 

でも、白い屋根ってダサい感じしますよね。というか、外壁と合わせにくいですよね。

 

それを工夫する方法考えました。

 

次回への課題、多いです。。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で