「仮想通貨はこれからだ!」信じてICOに1000万円つぎ込んだ熱血大家のゆくえ

不動産投資×仮想通貨投資のノウハウ、結果をリアルタイムで公開します。

新築アパートを建てて、土地の価値を上げる

市役所に行って、「固定資産課税台帳兼名寄帳」なるものをもらってきました。

 

本を読んでて、自分のも調べてみたいと思い行ってきました。

 

以前買った土地1438㎡は、地目が田で、課税標準額は、16万円でした。

 

それが、農転して、アパート建てると、678万円になり、評価額は、

 

4072万円でした。

 

435坪なので、坪9.3万の評価額。

 

この土地を買った値段が、1500万なので、農地を買って、アパートを建てると、

 

4072-1500=2572万の土地の評価を上げることができます。

 

 

ただ、建物の評価は、実際に払った金額よりも40%ほど下がっていました。

 

土地と建物合計すると、実際に払った金額よりも固定資産税の評価額は、35%ほど

 

下がっています。

 

建物をもっと安く、うまいこと建てれば、建物の評価の差は少なくてすむのではない

 

かと思います。(銀行の目線の話です)

 

この物件は、実は、大東建託で建てたものです。

 

大東建託で建てると、楽でいいのですが、多くの事を学べないし、工夫も限られます。

 

だから、鹿児島まで新築アパートの勉強に行ったりと今度は自分で新築アパート

 

をやろうと決めて動いています。

 

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で