「仮想通貨はこれからだ!」信じてICOに1000万円つぎ込んだ熱血大家のゆくえ

不動産投資×仮想通貨投資のノウハウ、結果をリアルタイムで公開します。

生活保護の人に賃貸する トラブル体験1

もう数年前の夜のこと、入居者さんから電話がかかってきた。

 

「大家さん、kp五@s伊sgsd「;おvgkm「ぺおヒィー、どうにかし・・」

 

とにかく、意味分かりません。

 

この方も生保の人で、たまに話していることが不明なことがありましたが、

 

この電話はとにかく、尋常じゃないことが起きていることが分かり、

 

父親と慌てて、高速道路で80分くらいかけて、現場に行きました。

 

そうすると、警察の方も来ていて、物々しい感じ。

 

「大家です。何があったんですか?」

 

警察の方の話だと、別の生保の30代の若者Aに階段から突き落とされたようです。

 

幸い、大けがはしてません、倒されたのは60くらいのおばちゃん。

 

その後、数日色々やり取りがあり、Aは、精神的に不安定なことがあり入院。

 

元々、精神的に不安な定病気のことは知ってましたが、何度か掃除で会うと、礼儀正しすぎるほどのあいさつをしてくる人でした。

 

一見すると、特に問題なさそうな人です。

 

でも、この一件以来精神的な人には、かなりシビアに審査するようになりました。

 

即、退去してもらい、両親と立ち合い。

 

でも、関係ない3階の人が1件退去。

 

Aが原因の可能性大。Aは、退去しますとは、伝えてましたが。

 

Aが理由ではないと退去の時には、言ってましたが、本当はどうか。。

 

唯一の警察沙汰事件でした。

 

次回は、別の人紹介します!?

 

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で