「仮想通貨はこれからだ!」信じてICOに1000万円つぎ込んだ熱血大家のゆくえ

不動産投資×仮想通貨投資のノウハウ、結果をリアルタイムで公開します。

キミはいつも笑顔だった。

日曜日に物件に行くと意外な出会いがある。

 

あの日は、まさにそんな意外なキミを僕は知ることになる。

 

そして、運命は、僕らを結び付けた。

 

 「騒音という、運面の糸」

 

僕は、キミの近くで、天井に残りのペンキ塗りをしていたんだ。

 

そしたら、生まれて初めて、

 

「ドスン、ドスン・・」素敵な音楽がコンクリートの壁を伝って聞こえて来た。

 

僕の知らないキミを、どうみつければいい?

 

その騒がしい、音をめがけて、やって来たんだよ。

 

キミは、僕から、あきらめかたを奪い取ったよ。

 

隣の部屋の玄関ドアに耳を澄ます。

 

「違う。」

 

もう迷わない、一から探し始めるさ。この歌を口ずさみながら。

 

「上の部屋だ。」

 

玄関に耳を澄ます。

 

「違う。」

 

んっ、隣のドアに近づく僕。

 

 

「キミを、見つけた。」

 

 

ピンポーン。

 

「はい。」

 

僕は、タイムフライヤー。キミの部屋に駆け上がった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「犯人、確保!!!!!!!!!!!!」

 

 

 

お前は、何ドラムフルセットで、部屋においとんねん。

 

こんなもんたたいとったら、RCでも、斜め下の部屋でも響くわ!

 

「50越えたおっさんの趣味なんよ。日曜に、1時間だけよ。」

 

 

僕は、タイムフライヤー。時を駆け上がるクライマー。

 

僕は、キミを探していた。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で